(1999. 6. 21) 内視鏡作業、バーチャルリアリティ (VR) で疑似体験――ネクサスがシステム発売

(1999. 6. 21 日本経済新聞)
利用者が顔の模型の口の部分から内視鏡を挿入すると、ディスプレー上に気管支の様子が表示される。ポリープの一部を切り取ったり、薬液を噴射するなど、一連の検査作業を体験できる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です